今日から1カ月ほど、毎年お伺いしている相模原市にある学生寮で退去に伴う空室クリーニングです。

1ルーム20平米弱でユニットバスにミニキッチンとベランダが付くタイプのお部屋を毎年10~13部屋ほどクリーニングしていきます。

昨年は管理をされているご夫妻に次々と不幸が重なり大変な年でしたが、全ての部屋の掃除が終わってご挨拶に伺うと元気な笑顔で迎えて下さり、少し安心しました。〇様あまり頑張り過ぎないようにしてくださいね!

だいぶ脱線しました。早速山ほど道具搬入してクリーニング開始します。

1階に食堂があり朝晩の食事は温かい手料理が出るので、各部屋では料理しないので元々キッチン回りはそれ程汚れていませんが、お話し伺うと管理人の〇様がそれぞれの部屋の日常清掃と、出ていく前に室内の清掃するよう学生に指導しているとの事でした。他の学生寮も退去に伴う空室クリーニングの依頼受けていますが、数年分の汚れがタップリ残っているのが普通で、5部屋に1部屋は何かしら交換しないと次の入居者に貸せない部屋が出てきますが、此処の学生寮ではありません。

洗濯パンの汚れです、表面は綺麗に拭いてありましたが中はこの通りヘドロとカビでとても汚れていますので、ハウスクリーニングに入った際はこのように全て取りだして洗います。

各部屋のエアコンも全て分解してエコ洗剤JH-1と高圧洗浄機でカビや汚れを洗い流します、これで気持ち良く次の入居者に過ごして頂けます。

お風呂とトイレは仕上げ後の写真です。

窓ガラスと網戸も空室状態ですと丸洗いできるので綺麗になります。

ベランダも排水の溝が土埃で埋まっています、取り除いてデッキブラシで仕上げます。

最後にフローリングの仕上げになります。ポリッシャーに緑パッド装着して洗浄、仕上げのワックスはリンレイのハイテクフローリングコートで、これから2年間床を守って貰います。

学生寮でも若い人が少なくなっているのを年々感じます、クリーニングで通い始めた最初の頃は空き部屋など無かったのがここ最近は数部屋決まらない部屋があるそうなので大変です。

毎年、学生さんの退出の日程にあわせてトビトビで1カ月ほど通いますが、終わってしまうと寂しい感じがします。これでまた来年まで管理人の〇様とも社長さんともお会いする事が無いのです。何か野暮用作ってお邪魔してみようかなとも思っている今日この頃です。