月初に商社の担当者と八王子市内にある特養老人ホーム様の床洗浄、ワックス施工の現調及び見積りに。
数週間後に正式な発注頂き本日から3日間掛けて作業する事になりました。
総床面積が1400㎡の巨大な施設で、通常エンクリーンで請け負う3LDKのマンション約17戸分にあたります。
時間と日数の制約がある中、巨大な施設をやりきれるのかとても不安で、できれば他社で決まってくれないかな~と前日まで思っていましたが、決まってしまえば腹を括るしかありません。
事前準備をしっかりやって想定できるアクシデントを全てノートに書きだし可能な限り対処できるようシュミレーション行ないます。
作業前日の夕方、施設に入らせて頂き目立たない場所で洗浄剤とワックス数種類試し打ち。
滑って転倒されるのが怖いのと、日常清掃で床の水拭きが入っているのである程度耐久性も欲しい等を加味してワックスを「リンレイ超耐久プロ艶コートVHG」に決定、当日を迎えます。
施設の職員さんにもお手伝い頂き居室からベッド6台を廊下に出し、洗浄、水洗い、乾燥、ワックス施工。
ワックス乾燥待つ間に次の部屋で同じ作業し、ワックスが乾いたらベッドを戻して次の部屋に。
これを1階から3階まで30室以上繰り返すことになります。
廊下が狭くベッドで塞がれると通常の介護も同時に行われている為、ちょっとした通勤ラッシュのような状況で大混乱ですが、これは想定の範囲なので淡々と作業進めます。

居室の床にモップで洗剤伸ばしてポリッシャーに緑パッド装着して洗浄、隅は隅擦りパッドで洗います。




剥離された油分と汚れた水をバキュームで吸引後に水洗いを2度して洗浄剤を洗い流します、これを丁寧にやらないとワックス施工後に黄変や密着不良などの事故に繋がります。

ー洗浄後とワックス施工後ー


ー廊下の洗浄とワックス施工後ー 


ーリハビリ―室の洗浄とワックス施工ー


日中は居室をメインに作業させて頂いて、夜間に廊下と居室以外の部屋の作業させて頂くことで何とか3日間で仕上がりそうです。
最終日の3日目は人の出入りの少ない日曜日なので玄関ホールとロビー周りの施工に充てました。
ポリシャーにナイロンブラシ装着してタイル用の洗剤に雨垂れ用の洗剤加えてブラッシング、とても綺麗に仕上がったのですが写真ありません。

何とか3日目の夕方には終わることができホッとしましたが、最後の最後に教育実習に来ていた学生さん達に乾く前のワックスに乗られてしまいやり直した箇所が線になってしまいました!残念。
職員の人にはベッド、荷物、備品等の移動やワックス塗布後の歩行制限などで随分と協力頂きとても助かりました、ありがとうございます。
翌日から熱が出て寝込んでしまいました、やはり体は正直です僅かな仮眠で3日間はムリがあったようです。