人生3軒目の住宅を購入しました。

今から30年程前、私が20代の時に今は亡き父親と共同名義で埼玉県の浦和で住宅を購入したのが1軒目の購入です。
強烈なバブルの最中で、両親が昭和40年代に300万で購入した家を2,500万で買取たいと不動産屋から電話があり両親はすっかり舞い上がり、それを頭金に同じ浦和市内で残りのローンを私が払う事で住宅購入したのが最初でした。
凄い時代です、埼玉県の浦和で建売でしたが300万で住宅が買えたのも凄いし、それから20年経過した後に2500万で売れたのも凄い、もう2度とこの国であんな凄い時代はこないでしょうね、知らんけど!

2軒目の住宅は20代で独立開業した事業が順調に成長し、借りている事務所や倉庫の家賃が毎月40万超えるのがバカらしくなり思いきって3階建ての事務所兼住宅を建てる事にしました。
都市伝説のように語られている自社ビルを建てたりオフィスを新築したりすると、その辺りがその事業のピークでそこから下降しはじめるよ、なんて仲間内から冷やかされましたが、建てた直後にリーマンショックが起こり業界全体が信用収縮に陥りモノもお金も全く動かなくなってしまい本当の事になってしまいました。
何とか在庫も処分しローンも払ってしまったので路頭に迷うことは無かったのですが、その後数年間もがく事に!

それからも零細稼業ですから色々な荒波がありましたが、今回で3軒目となる極小建売住宅を購入する事になりました。

大工さんとても几帳面で綺麗な仕事します。材料や道具がきちんと整理されている人は仕事も丁寧で綺麗です!

ここは浴室ですね。

何もふさがれていないので2階は明るい!

住み始めて最初の夏、天井から熱が降りてくる感じで参りました。

ベランダも狭くて実用的ではないのですが建売の悲しい所で何にも変更できないのです。

ホントに生きていくのは大変ですね、まだまだ色々な事があると思いますが健康で働けて、少しでもお客様から感謝される仕事が出来ればOK牧場です!